NEWS

トーンモバイルからのお知らせ

2018年01月24日

小ロットからのカスタムスマートフォン(サービス)の製造を可能にする「TONE Factory」を開発

トーンモバイル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:石田 宏樹、以下「トーンモバイル」)が展開するスマートフォンサービス「トーンモバイル」は、小ロットからのカスタマイズスマートフォン(サービス)の製造を可能にする「TONE Factory」を開発し、今後、企業 / 学校 / 会員組織 などに対し、顧客向けにカスタマイズした端末やSIMの提供を予定しておりますのでお知らせいたします。


「TONE Factory」は、企業や学校、会員組織などが実際の工場やロジスティック拠点での出荷前のリワーク作業なしで、アプリのインストール、ホーム画面、壁紙などを自由にカスタマイズし、小ロットから最新機種「TONE m17」をベースとしたカスタマイズスマートフォンを仮想的に製造することができます。通常スマートフォンメーカーや商社に依頼する場合は、アプリのプリインストールだけで、1000台規模のオーダーが必要となりますが、「TONE Factory」では、50台~数万台までのオーダーに柔軟に対応することができます。また、単なるプリインストールではなく、カスタマイズ毎に専用のソフトウエアツリーを作成するため、Google Playを通さずに、その後のアプリの自動アップデートにも対応し、販売後のメンテナンスコストを大幅に引き下げることができます(インストールアプリを出荷後に変更することも可能です。インストールアプリに関しては、事前にトーンモバイルによる検証が必要となります。)

「TONE Factory」は、スマートフォンのハードウェアからソフトウェアまでを連携して企画・開発する技術ノウハウを持つフリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中伸明、以下「フリービット」)からライセンスを受け開発しています。「TONE Factory」により、TONE m17をオリジナルのイメージやブランドに即したスマートフォンにカスタマイズすることができ、通信業界以外でも、特別な技術やノウハウを要することなく付加価値のある独自のモバイルサービスを小ロットで提供することができ、MNOからMVNE、MVNEからMVNOへサービス提供を行うように、MVNOから新しく、CMVNO(Customized MVNO)の提供を可能にします。さらに「TONE Factory」は、TONEサービスをベースとしたSIMサービスのカスタマイズにも柔軟に対応予定で、下記のような要望にお応えする幅広いサービスの提供を促進いたします。
  • ● 学校・塾の生徒向けに専用アプリを搭載した安心スマホを提供したい
  • ● 自社の社員向けに専用ソフトを配布し、その後のソフトウェアメンテナンスを実行したい
  • ● Google Playに公開せずに、クローズドな環境でソフトウェアを配布したい
  • ● 特別な権限で動くソフトウェアを利用したスマートフォンサービスを行いたい
トーンモバイルは「TONE Factory」により、トーンモバイルのメインターゲットであるお子さまやシニア層、そのご家族から、より幅広い層お客様にターゲットを拡大し、安心して使えるスマートフォンサービスを提供してまいります。 【「トーンモバイル」について】
「トーンモバイル」は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO 増田 宗昭、以下「CCC」)とフリービットとの両グループの戦略的資本・業務提携により、多数の特許を基幹とした製品の開発から販売まで垂直統合型のビジネスモデルを展開するフリービットのインターネット・インフラと、全国に約1,400店舗を展開する「TSUTAYA」や、全国に約68万店舗以上で使える日本最大の共通ポイントカード「Tカード」を有するCCCのカルチュア・インフラを融合することにより生まれた、新しいスマートフォンサービスです。シンプルでわかりやすい料金プランや、初心者でも安心のサービス、Tポイントとの連携やエンターテインメントコンテンツなどにより、今までのスマホの常識を変え、お子様からプレミアエイジと呼ばれるシニア層まで、幅広い年齢層やご家族にスマホを通じた今までにないライフスタイルを提案しております。 【報道関係者からのお問い合わせ】
トーンモバイル株式会社 マーケティング部 PR担当
Mail: press@tone.ad.jp 電話番号:050-7302-3227